ラウンドファスナー長財布品質はどうですか_結婚式留袖ヘアスタイル,買ってラウンドファスナー長財布ガイド,ラウンドファスナー長財布加盟 WILLKOMMEN


2015-02-05 16:22    ラウンドファスナー長財布
 女が去り、それを何気なく見送っていると、ドアがあいて背の低い男がニヤニヤしながら入って来た。 「よう」  女に顎《あご》をしゃくって見せている。常連のように思えた。その男が近寄って来たので神崎が目をそらすと、男は小さなテーブルを両手でひょいと動かして、神崎のとなりに坐った。 「やあ」  と声を掛けて来た。  神崎はその男をまじまじとみつめた。男の顔は意外な近さで神崎をみつめ返している。 「あ……」  神崎は口をあけた。 「憶えてくれていましたね」  男はなれなれしく笑った。それはあの時の記憶の中にあった顔だった。何か愚にもつかない議論を大声でやり合った男の顔である。 「この間はだいぶご機嫌《けげん》でしたね」  そう言われた途端、神崎は得体の知れぬ嫌悪感《けんおかん》にとらわれて思わず男から目をそむけた。 「神崎さんでしたね」  男はおかまいなしになれなれしく続ける。 「あの晩はおかげで僕も愉快でした。気の合う人というのはいるものですなあ」 「よく憶えていないんです」  神崎は今にも反吐《へど》が出そうな激しい嫌悪感の中で、辛うじてそう答えた。いったい何がそんなに嫌《いや》なのか、自分でもよく判らなかった。 「失……失礼しませんでしたか」