どうやって買うプラダ ショルダーバッグ ナイロン,プラダキャンバストートコピー代引き ブランドプラダ ショルダーバッグ ナイロンオファー どこで買ってプラダ ショルダーバッグ ナイロンブランドランキング WILLKOMMEN


2015-02-05 16:19    プラダ ショルダーバッグ ナイロン
 その日、彼は暗い顔でやって来て。私の母が席を外すまで、何もしゃべらなくてね。何だろうと思いましたよ。で、二人になってからやっと小さな声で、 「Cのことなんだけどよ」  って……すごい、困ったーって感じで言うんですよ。 「俺んとこの雑誌、俺が編集長やってるとこね……あいつのインタビュー、入ってたんだよ。前から約束があって、台割切ってあったんだけどよ……そしたら、予定した日に来なくてよ。電話かかってきて……それもわざとなかなか連絡とれないようなやり方でよ……ぎりぎりになってインタビューじゃなく、エッセイにしろって言って原稿持ってきやがったんだよ。困っちゃってよ……もう差し替えきかなかったんだよ……」  って。 「それさあ……おまえのことなんだよ、書いてあんの……」 「ああ、そう」  って私、言うほかなかったですよ。Cくんに文章が書けるとは知らなかったけど、まあ、そういうこともあるかもしれないな、くらいにその時は思って。で、 「それって、面白かった? ちゃんと、雑誌側として載せて正解なものだった?」  って聞きました。そうだったら、それは編集長としての彼の判断で載せたものなわけだし、私がどうこう言う問題じゃないですからね。そしたら彼は、 「いや、それが……わかるだろ、とにかくあいつらしいもんなんだよ」  って言葉を濁すだけなんですよ。 「おまえがやったんだから、オレにもやらせろって押し通されちゃってさ……参ったよ。ほら、こないだおまえのこと、入院してるって言っただけで、中絶なんて書かれちゃったばっかしなのにさ」 「えっ、そんなこと知らなかった」 「あっそうだったのか……何か、そういうことになっちゃっててさ……ほんと、やんなるよ……」  私は、そのときは彼に同情しました。両方と知り合いだと、そうなのかもしれないな、って。だから、 「面白いものだったら書かれるあたしだって本望だけど、面白くないんだったら、あんたも編集長として、大変だね」