クロエ ショルダーバッグ 人気のものはどう|pradaショルダーバッグメンズ クロエ ショルダーバッグ 人気製品はどう_クロエ ショルダーバッグ 人気ブランドの旗艦店 WILLKOMMEN


2015-02-05 16:04    クロエ ショルダーバッグ 人気
 ジョクは、横面をなぐり飛ばされて、大きくよろけた。 「……チャム・ファウ!?」  彼女は、パタパタと大きく羽根を震わせて体勢を整えると、またも突進してきた。  ジョクは、その蹴りは避けたが、羽根で、頬《ほお》を打たれた。掠《かす》り傷を受けたのか、痛みが走った。 「なんだよ!」 「なんだとおーっ! 勝手に放《ほう》り出した癖にっ!」  小さい腕を風車のように振り廻《まわ》したチャム・ファウは、またも突進して来たが、今度はその頭を押えつけるようにして、ジョクは、彼女の身体を掴《つか》むことができた。  しかし、手足の力は思った以上に強くて、チャム・ファウは、握り締めるジョクの指を押し開けようとした。 「いきなり、蹴飛《けと》ばすことはないだろう」 「あんたは、蹴られるようなことをしたんだ!」  チャム・ファウは叫ぶと、ジョクの手からスルッと抜け出した。 「どうしたんだ? こいつ」 「ジョクが、あたしを捨てたって、喚《わめ》いているんですよ。ここに来るまで、ズーッとあれですから、堪《たま》ったもんじゃないですよ」  キムッチが、ニタニタ笑って答えた。 「だって、ハモロソンを出た時、いなかったじゃないか。連れて行こうにも……よせっ!」  ジョクは、もう一度、チャム・ファウの蹴りを避けて、 「ミハン! こいつを縛り上げておけ! うるさくっていけない」  ジョクは、蚊《か》や蝿《はえ》を追い払うようにしながら、カットグラのコックピットへ梯子《はしご》を登っていった。