財布 ブランドの3点セット セレブ愛用新品エルメススーパーコピーアザップロング ラウンド長財布ヴォーエプソン/セレッセ H-103|オンライン買って財布 ブランド,xx } {よ WILLKOMMEN


2015-02-04 23:17    財布 ブランド
「本当に、地球の中は、熔鉱炉のように燃えているんだなあ」  拓一はつくづく感じ入った声で言う。 「うん」  耕作がうなずく。同じことを耕作も思っていたのだ。太古、地球は火の塊であったと、菊川先生に習ったものであった。そしてその火が次第に冷え、地殻ができたと聞いた。あれは何年生の時であったか。その時耕作は、今もなお地球の真ん中は燃えていると聞いて、ひどく驚いたものであった。が、実感としては、地球の真ん中が燃えていると想像することはできなかった。それが今、目の前に火を噴き上げている。 (確かに、地球は燃えていた)  その事実が、耕作を深く感動させていた。  拓一がまた言った。 「なあ、耕作。大昔地球は火の玉だったんだろう。火の玉の中には、生きているものは虫一匹もありゃしなかったんだろう」 「うん、そうだろうなあ。火の玉の中に、生きていることのできるものは、ないだろうからな。ふしぎだなあ、草の種や花の種や、人間や、獣や、魚が、どうしてできたんだろう」 「本当だなあ。俺も今、そのことを考えてたんだ。火の玉だった地球が次第に冷えて……どんなふうにして命が芽生えたんだろうってな。あの火柱を見てると、急にそんなことが知りたくなるもな」 「ほんとだなあ。木やら鳥やら……ふしぎだなあ。生物のなかった地球に、いつ命が芽生えたんかなあ」 「ほんとうにねえ」  今まで黙って二人の話を聞きながら、拓一のズボンにつぎを当てていた佐枝が、あいづちを打った。 「地球は、あのたくさんの星の一つに過ぎないんだろう、耕作」 「うん」 「ふしぎだなあ、何もかも」  火柱が一瞬、右に大きくゆらめいて見えた。三人はそのまま、また黙った。もう十時に近い。いつもならもう眠る時間だ。が、誰も眠ろうとしない。  またかすかに家がゆれた。耕作は、この自分の住んでいる大地が、地下の如《い》何《か》なる変動によって動くのかと思いながら、不動なものなど、この世にはないと、改めて感じた。不動のものであるはずの大地さえ、ゆれ動く。それは耕作にとって、何かひどく淋しい事実に思われた。